にゃんこな日々

<< ご報告 | TOP | 新人にゃん達 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
子猫のみやちゃん

 突然現れたのは5月の中頃、雨の日の夕方でそろそろ陽の暮れる頃でした。
いつもの様にみんなにゴハンを食べさせていたら
なーんか子猫の声がするのです。
ええーん?だれー?どこー?と見回すと
ちびっこにゃんがびしょ濡れですぐ側の岩のくぼみに張り付く様に固まっていました。

とにかくゴハンあげなきゃねと缶詰をあけて置いてやると
フシャーッといっちょまえに怒ってくれちゃって
全くゴハンを食べようとしないのです。

それから小1時間ほどかくれんぼと鬼ごっこでした(苦笑)
小山を駆け上り、崖っぷちに行っては
急な坂を器用に逃げ降り・・・とその繰り返し。
でも不安げに鳴くのですよねぇ。
怖くてしょうがなかったのでしょうね。
頑張って逃げ回っていました(苦笑)

お母さんとはぐれたのか
でも今は黒母さん以外はみんな手術してしまっているし
黒母さんの子でもないし
どこかから連れて来られたのか・・・
まあ、結局は謎のままでしたけどね。

結局その日はとっぷりと陽がくれてしまい
どうしようもなく、子猫はそのままにして帰りました。



それからというもの子猫くんの穴蔵生活が始まりました。
とにかく出て来てくれないので
小さな洞窟状になっている岩場にゴハンと水を置いてみました。
すると全く姿を見せないというのに
餌を置いてしばらくすると食べてる音がするんですよね。
暗い岩場の奥をこっそり覗くと
ちびっこがごそごそと一人で食べてる。

体調も何もわからないまま
とにかく子猫の強さと運にかけるしかなく
それからは配達のお仕事をしているFさんがすごく頑張ってくださって
配達中に寄ってはゴハンを置いてくれ
私も担当の日は岩場の中に入り(結構サバイバル(苦笑))
なんとか毎日ゴハン完食で成長してくれていました。

名前はみやちゃんと名付けました。



20日ほどたった頃、
とうとうみやちゃんはちょこちょこ岩場の隙間から顔を出し始めました。
鳴いては何やら自己主張。
でもまだまだ逃げまくりで
もぐらたたきの様にあちこちの岩の隙間からぴょこぴょこ顔を出していました。
その後、気を許してくれるまでにそう時間はかかりませんでしたね。

でもちょうど潮干狩りシーズンで人出も多く
その岩場も海辺のマンションからよく見える場所で
餌場の洞穴にタイヤを投げ込まれたりと
色々嫌がらせも・・・。
こっちは必死だというのに人でなしっと言いたい気分でしたよ(苦笑)



それから4-5日もすると
みやちゃんは岩場の入り口の石の上でゴハン時になると待っている様になりました。

ビッキーとハートくんの居場所付近でもあるので
2匹と仲良くしたがったのですが
ビッキーは完全拒否!
↑なによあんたー!と怒っていました(苦笑)



でも若いハートお兄ちゃんはしっかり遊び相手になってくれて
挑発してみたり猛ダッシュで駆けていったり
ほんとにハートくんがいてくれて助かりましたねー。


ハートくんはフレンドリーで甘えん坊さんで
ほんとにいい子。
二匹の遊んでいる姿はほんとに見ていて可愛くて飽きなかったです。



それからまた4-5日たった頃に事件がおきました!

ちょうどその日は私担当の日で
餌場でゴハンをやっていると
子猫の鳴き声が聞こえてきたんです。
それはみやちゃんの住処付近ではない場所で
鳴き声の方へ目をやると
小山の中からへっぴり腰で出て来る子猫が・・・
なんと、みやちゃんなのですよー。
なんでこんな所から出て来たのー???と驚いている所に
ちょうどFさん夫婦がやってきて
一日みやちゃんがいなかった事を聞かされました。

朝、みやちゃんがいない事に気付いたFさんは
その日は一日仕事の合間に探し回っていたそうです。
小山の中にも入ってみたけどいなかったらしいのですが
どうしてこんなとこにいたのやら。
誰かがみんながいる場所にと思って連れて来たのかね?と話しながら
元の場所へと戻したのですが
ちょうどその日の朝、Fさんが岩場に入った時に蛇がいたというのですよねぇ(汗)
初めて見たそうなのですが
私も何度も入っていたので聞いた時はかなりゾッとしました。
とても暗いので居たのに気付かなかったのかな・・・(大汗)

みやちゃんも動き出したし失踪事件やら危険だらけだし・・・と
結果保護する事に決めました。
嬉しい事に同じボランティア仲間のUさんも
子猫の預かりを快く引き受けてくださって本当に助かりました。

Uさん宅へ連れて行く前に健康診断をと病院へ連れて行くと
これまたウソみたいに健康体でビックリしました!
これまで子猫を保護して何もなかったコなんていなかったんじゃないでしょうか。
きっとお母さんからしっかり免疫もらっていたんでしょうね。

数日後、預かりを引き受けて下さったUさん宅へて連れて行き
その2日後、里親募集の登録をと思っていた日に
偶然にも知人から「子猫いない?」と声がかかり
トントン拍子で里親さん決定!
すごい事です!

毎日通って下さったFさんと、いつも一緒に頑張ってくださるMさん、
そして預かりを引き受けてくださったUさんと皆さんに助けられて
一ヶ月頑張って生きてきたみやちゃん自身の運の強さと生命力もあって
ここまでこれたんですよね。

明後日に里親さん宅へ連れて行く予定です。
ほんとに良かった!
さあ!次はみっこちゃんだ!
頑張らなきゃねー。
23:39 | CATS | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
23:39 | - | - | -
コメント
おー、良かったですねぇ、みやちゃん♪
強運な子だぁ。幸せになってねー(^_^)
2010/06/30 3:04 AM by いけみ
ありがとうございまーす!
みやちゃんは、初めあんなに手こずらせてくれたのに
いざ保護してみたら、まーあ、びっくりする位一変して
初日から全く物怖じもせず、猫も人も大好き!ってな猫ちゃんになっちゃってて
ぽこちゃんばりの愛嬌の良さに感心してしまった位でした。

ぽこちゃんとみやちゃんってどちらも
デビュー後(笑)すぐに保護されずに
大人な猫達の中で一人で頑張って生きてきた期間があって
子猫なりにいろんな経験をして沢山学んできたのかな。
精神的な強さも身についたり
手を差し伸べてくれる人間の温かさとか伝わってたのかも。
これがまたもっと長い期間ノラ生活をしていく中で
人間からいじめられたりするとまた子猫なりに警戒心も強くなって変わっていったりもするのかもしれませんけどね。

保護した日に家に連れて来て抱っこしてあげてたら
私の腕をもみもみしながら一生懸命おっぱいを探して吸い付いてましたよ(笑)
お母さんではないものの人の手の温かさに安心したのでしょうね。
お陰で服と腕はべちゃべちゃになっちゃいましたが
お母さんと別れて?一ヶ月くらい不安な日々の中
一人で頑張ってきてやっと緊張感から解放されたのかもしれないねぇと
みやちゃんの可愛い姿を見ながら保護して良かったと思いました。
2010/07/01 12:45 AM by n
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://nyankonahibi.jugem.jp/trackback/216
トラックバック