にゃんこな日々

<< ミロちゃんも・・・ | TOP | 何が起こっているのやら >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
第二の猫達

昨年5/5にやっと紹介したチビちゃんだったのですが
実はその一ヶ月後に亡くなってしまったのですよね。

第二のKさんに
チビが全然ゴハンを食べない、
様子がおかしいので病院に連れて行ってもらえないだろうかと相談を受け
捕まえに行った時にはもう既にチビちゃんはやつれてしまっていましたね。
ほんとに少し前までは全然普通に元気にしていたのですけどね。



病院で血液検査をした結果、白血病を発症してしまっている事が判明。
数値もひどいもので急性のものだと言われました。
原因だけわかったものの、何一つ治療はしてもらえず
その後また第二に戻りました。

それから数日はなんとか元気にしていてくれたのですが・・・
最後にKさんに挨拶にだけ出て来てくれたそうで・・・
その後一人で旅立ったのでしょうね。
それっきり会えなくなったそうです。



懐かしの写真です。
ころすけの事を舐めてあげてます。
奥はロクちゃんです。
この頃は第二も賑やかでした。

23:43 | 第二駐車場の猫達 | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
23:43 | - | - | -
コメント
猫白血病の急性発症なんてあるんですね、知りませんでした。
半年未満の子猫が猫白血病に完全感染すると
一才まで生きられないそうです。うちのミミも
その通りになってしまいました。
食欲が落ちて、急激に元気が無くなり旅立ってしまう。
辛い病気だと思いました。
チビちゃんも猫の国で幸せでいてくれるといいです(^_^)
2010/02/20 1:56 AM by いけみ
うんうん。ありがとうございます!

先生曰く、急性と慢性とがあるそうです。

ミミちゃんもだったので、こういうお話は辛いですよね。ごめんなさい。
白血病、エイズはノラさんには多いからどうしてもどこかで出てきてしまうんですよね。
キクちゃんもそうだったのだと思いますしね。
はっきりしているマイケルと予想外のるうさんもですし、結構ここのコ達はみんなキャリアなのですよね、多分。

ミミちゃんは母子感染になるのですよね。
いつか治療法が見つかって欲しいですよね。
2010/02/22 12:24 AM by n
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://nyankonahibi.jugem.jp/trackback/209
トラックバック