にゃんこな日々

<< ちびころも | TOP | キクちゃんとの別れ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
きくちゃん、小さくなりました
 

夕方Mさんから電話が・・・
キクちゃんがひきつけをおこして動かなくなったとFさんから連絡があったと言うのですよ・・・

* * *

キクちゃんの体は多分もうぼろぼろなのです。
半年か1年ほど前に後ろ足の付け根辺りに大きなしこりを見つけました。
1-2ヶ月程前には、食事中にお皿が血の海になったという話も耳に入ってきてます。
口内炎を患って軽く4年もたっています。
毎年今年の冬は大丈夫なのだろうかと皆心配しつつも
昔からたくましく凛として強くもあったキクちゃんは
皆の心配を余所に何度も冬を越してきました。


ずっとずっと口内炎だったので
お薬もずっとあげていたのですが
口内炎なので口元付近を触られるのを特に嫌がりますし
缶詰に混ぜても食べたり食べなかったり。
あまり食べなくなったりもしたので
完治する見込みもなく、なんといっても食べる事が第一だと思い
お薬を体に入れるよりも、
キクちゃんが食べたいものを食べたいだけ食べさせてやる方が
ずっと良いだろうとそれ以降は薬をやる事をやめました。

キクちゃんは、どんなに口が痛くても
頑張ってゴハンを食べるコなんです。
見ているこちらが辛くなる位、お口をこすったり
時には前足を添えてゴハンを食べたり・・・
こんな強いコは後にも先にもキクちゃんだけです。



今日、ひきつけをおこした時にFさんがいてくれたお陰で
なんとかキクちゃんは復活してくれました。

私が行った頃には、しっかり歩いていました。
いつも以上に元気に見える位
Fさんご夫婦と、Mさんと私の間を
尻尾を立てて何か言いたげにとことこと動き回っていました。
ゴハンも食べたがらなかったのですが
手からあげると少しだけ食べてくれました。

キクちゃんが後どれだけ頑張れるのか・・・
神様にしかわかりません。
こちらの不安を余所に今年の冬も乗り越えて欲しい・・・
でも時々、痛々しい姿に、なんでそんなに頑張れるのか
どれだけきつい思いをしているのかと
とても複雑な思いがめぐってしまうのです。

でもでも、キクちゃんが生きたいと頑張る以上
私達もしっかりキクちゃんの事を見守っていかなければと・・・
思っています。

23:18 | キクちゃん*kiku family | comments(3) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
23:18 | - | - | -
コメント
キクちゃんもが張っているんだね。
具合の悪い体で精一杯生きている猫を見ると泣けてきます。
生きるってなんだろ、生きるってなんだろ。
キクちゃん、頑張りすぎないように
頑張ってね。
2010/02/09 12:52 AM by いけみ
ホント みんな頑張っているよねぇ!
彼らに負けず 我々も頑張らないとイカンよねぇ!
と、思うのですが どーもねぇ … (汗)
2010/02/09 9:52 PM by K◎
今日お昼頃見に行ったら穴ぐらで寝ていたので思わずお腹見て動いていたのでホッとしました。
栄養缶も1/4くらい食べてくれました!

> いけみさん
ほんとに会うと辛くなりますよね。
それがずっと見守ってきたコなら尚の事です。
思わず「ガンバレ、きくちゃん」とついつい声をかけてしまうのですが
「頑張ってるよね、きくちゃん、えらいね」と言い直してます。
きくちゃんもこたえるかの様に妙に甘えてすりすりしてくるんです。そんな姿を見てるとまた複雑な思いがグルグルしてしまいます。

> K◎さん
彼らから背中ぐいぐい押されちゃうよね(笑)
でも頑張ろうと思っても、頭でっかちになっちゃう所もあったりして。
ほんとに見習うなら悩まず行動なのかもしれないねぇ。


2010/02/09 11:25 PM by n
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://nyankonahibi.jugem.jp/trackback/206
トラックバック