にゃんこな日々

<< いつの間にやら | TOP | みんな元気で >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
ちびころの兄弟


ちびころは3匹兄弟だった。
そのうちの1匹は
お年寄り用バイクに乗ってやってくるおばあちゃんのお宅の
家族になっていたのだが
先日久し振りに会ったおばあちゃんの口から
悲しい事実を知らされた。

昨年秋、そこの奥さんがちびころの兄弟を1匹連れ帰った。
昨年から娘さん一家と暮らす様になった
猫好きのおばあちゃんの為に連れ帰った様なのだが
(おばあちゃんは一度も猫を飼いたいなどと言った事はないそうだ)
おばあちゃんだけにしか懐かなかったのが
気に入らなかったのか
今月の初め、突然どこかへと捨てられてしまったのだそうだ。

そこのお宅にはワンコもいて
そのコとも仲良くなって
いつも二匹でくっついて寝ている姿は
ほんとに愛らしかったそうだ。
おばあちゃんは目に涙を浮かべ
可哀想だと何度もつぶやいていたよ。

単なる思い付きで仔猫を連れて行き
気に入らないといって捨ててしまう。
そして悲しみに暮れるおばあちゃんが
猫のお皿や道具を捨てたりノラの為に使おうとすると
次飼う時の為にとっておく、などと平気で言うんだそうだ。
二度と飼う事はならんと怒ったという。
ほんとにその通りだと思う。

お年寄りの言う事は時々矛盾してたりどうかなと思う事もあるのだが
話を聞いているとこのおばあちゃんの考え方は
とてもしっかりしていると感じるし
気持ちもよ〜くわかる。
変に話をねじ曲げて言ってる様には全然思えないのだよね。

犬を飼っていても
動物に対する愛情というのは養われていかないものなのだろうか。
元ノラだから戻しても大丈夫だと考えるのだろうか。
それとも何も考えない?
私には到底理解できない・・・
せめて元の場所に戻してくれる位の優しさが欲しかったが
それではおばあちゃんが連れ帰るとかそういう知恵はあるのだろうな。
最低だ。
野良の方がよっぽど幸せだ、という事もあるのだね。
もらわれていったコはみんな幸せになっている・・・
そう思えないのはとても悲しい事だよ。
00:31 | チビコロ*korosuke family | comments(4) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
00:31 | - | - | -
コメント
お歳よりの意見は 時に矛盾もあるし 理解出来ないこともあるけど
周りにいる人たちも 言葉の裏の本質を見抜く、気付くことが出来なくなっているのも
原因のひとつかもしれないよねぇ …  痛い話だよねぇ …

日本人だから… なんだ! とはいいたくないけど
日本人は 先進国でありながら 動物愛護に対する法律も感覚も
かなり遅れていると思うし 薄れていると思うし
色々な意味で 日本人の欠落した部分が
小さな命に シワ寄せになっているような気がします
使い捨て日本は 命も使い捨てにするような人間を育てつつあるのかも … (苦笑)
2007/04/29 6:08 PM by K◎
なるほどね〜。
私も今となっては、祖父母にもっときちんと接するべきだったなぁと、
こんな風におばあさんと話す機会が増えて感じる様になったよ。

ほんとに遅れてるよね。
大事なのは自分と自分の周りだけって感じで色んな事に無関心になってしまってるよね。
裕福で便利過ぎる日本・・・いろんな所に歪みが出てどんどん壊れてく。
悲しい事だよね・・・って言ってるだけじゃダメなんだよね(苦笑)
2007/04/30 12:52 AM by n
犬猫ごときで‥、と思っている人はまだまだ
たくさんいるんですよねぇ。それはそれ、これはこれって
感じで考えているんでしょうけれど、そう言った人は
人間関係でも、仕事でも似たようなことをするんだと
思っています。そう感じています。その場その場で
突拍子もない理屈や嘘を並べてねぇ‥。少なくとも
仕事で取引はしたくないなぁ、そんな人とは。
きっとイライラしちゃうと思う。
2007/04/30 3:31 AM by いけみ
友だちでさえも、そういう気持ちを話せる相手は少ないので
取引関係では尚更厳しいかも。
身近にどれだけそんな気持ちを持っている人がいるんだか。
なので数少ない猫友だちは私にとってすごーく大事です。
猫に対してそれぞれ考えはあっても思いは一つだと思います。
みんながいてくれてほんとに良かったです。
どうもありがとう。
2007/05/01 1:46 AM by n
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://nyankonahibi.jugem.jp/trackback/164
トラックバック