にゃんこな日々

<< ジンクスやぶれたり! | TOP | 昨今の仔猫事情3 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
昨今の仔猫事情2


コロスケが仔猫のお披露目をしてから1ヶ月ほどたったある日の事。
次に会った仔猫はキッちゃんの子供達だった。

歩いててふと横に目をやった時、民家の通路の奥の方に
キッちゃんが仔猫達にお乳をあげているのを偶然発見したのだ。
4匹位いた。
時々ゴハンをくわえて民家の方へと歩いて行っていたので
仔猫が産まれたんだなぁとは思っていたが
キッちゃんの仔猫も一年以上見ていなかったのですごく嬉しかった。
写真は偶然持っていた望遠で撮ったもの。
いつものカメラならキッちゃんも仔猫も豆豆猫だった(笑)



その後、仔猫達を見かける事もなく10日ほどたったのだが
すぐ横の廃墟と化した建物の入口下の木が腐った隙間で
キッちゃんが子育てをしているのに気付いた。
そしてその建物の裏はもうみんなのいる場所。
じわりじわりと進出してきてるなと思っていると
次に行った時にはすっかりデビューを果たしており
まずはの紺色の車の下をキッちゃん一家が陣取っていた。仔猫は3匹だった。
紺色の車とはころすけの子供を乗せて走って行った車だ(苦笑)
(その頃にはころすけ達は横の空き地へ移動)
キッちゃんの仔猫達はガリガリに痩せていて目やにもひどかったが、
缶詰をあげると、割り込んできたキクちゃんにも負けず、
横から一生懸命食べていた。
その姿は、地にしっかり足をつけ、生きようとする姿勢なのだなーと
ガリガリのくせになんだかたくましく見えたものだった。



余談だが、キクちゃんとキッちゃんって
なんとなく、キクちゃんの方が立場が上な気がする。
キッちゃんはいつでも威嚇しているけど
キクちゃんがたまに一喝すると大人しくなるのだ。
この日は二匹並んで座っているという珍しいシーンを見てしまった。
キッちゃんの子供がおかあさーんとその間に入っていったのがとても可愛かった。

こんな事もあった。
私がキッちゃんの存在に気付かず、
仔猫達のいる紺色の車の近くを通り過ぎようとしたら、
突然フシャーッと、それはもう今までにない位の迫力で威嚇されてしまった。
キッちゃんママ、仔猫を守る為に格段凄みが増していた。
ただでさえ凶暴なのに(苦笑)

そして、そのまま元気に育ってくれれば・・・と願っていたのだけど・・・
お盆頃の事だが、その日キッちゃんの仔猫がぽつんと1匹だけ車の下にいたのだ。
兄弟達は?お母さんは?と疑問に思いながらも
そんな日もあるかなと車の下を覗き込んで仔猫に話しかけた。
その日はカリカリしか持ってなく、とりあえずと出してみたがまったく反応なし。
キッちゃんママがいないのをいい事に車の下にしゃがみこんで手を伸ばしてみた。
少し威嚇してきたが、撫でさせてくれた。
近くで見ると思った以上に目やにがひどく、両目共にろくにあけられていなかった。
とりあえず明るい所に出してみようと捕まえると
抵抗する力もないのかあまり嫌がらなかった。

見てみると、仔猫は後ろ足を怪我している様で
もう片方の後ろ足は外傷は見られなかったが
何かおかしくなっている様な感じだった。
なんとか歩いて移動は出来るもののしっかりと立ててはいなかった。
今になって思うと、キッちゃんの仔猫達もまた、車の裏にすぐ隠れていたので
ころすけの子供達と同じ様な目にあってしまい、
事故にでもあってしまったのかもしれない。

色々悩んだが、とにかく食糧をと仔猫用缶詰とミルクを買いに走り
戻ってみるとさきほどいた場所に仔猫の姿がない。
どこどこ?と見回すと、もう一台の車の下の車ドメに寄りかかって寝ていた。
ホッとして、ミルクをあげてみた。
ミルクの臭いに反応して少し飲んでくれたが
食欲はないらしく、仔猫用缶詰も一舐めしてやめてしまった。
しょうがないので仔猫の目やにだけでも拭いてやると少し目が開いた。
ずっと撫でながら私はただじっと様子を見ていた。
そしてそのまま仔猫はそこで寝むってしまった・・・

片足はもうダメだと思った。
あそこにいる間、ほんとにいろんな事を考えた。
でも眠った仔猫の顔を見て・・・
結局私は一人で帰ってきてしまったのだ・・・

なんで助けてあげないんだろう。
なんで助けてあげられないんだろう。
なんで・・・
ずっと頭の中でぐるぐる回っていた。

余計な事をごちゃごちゃ考えてはいつだって動けない自分がいるのだ。
悔しさと情けなさで・・・いっぱいだった。



そして次の日、その次の日も、3日続けて行ってみたが、
もう仔猫の姿は、というよりキッちゃん一家の姿はすっかり消えていた。
次にキッちゃんに会えたのは1週間後の事だった。
その日も会えないのだろうと半ば諦めつつ
数軒隣りの第二駐車場に探しに行った。
すると、なんと白いワゴンの下にキッちゃんがいるのだ。
仔猫の姿は全くなく、キッちゃん一匹だったが
それでも会えた事がすごく嬉しかった。
しかし一瞬でその嬉しさも消え去った・・・
キッちゃんの左側の首のつけ根の所が大きくパックリ切れているのだ。
5センチくらいはあったと思う。
あまりにひどい怪我で血の気がひいた。
仔猫に続いてキッちゃんまで・・・なんで・・・

そして目と鼻の先なのに、キッちゃんはみんなのいる所には戻らず
ずっと第二駐車場にいる。
傷はその後回復に向かっていてホッとしていたのだが
昨日会いに行ったら少し元気がなかった。
怪我と闘う日々なのだろう・・・

救いになったのは、一匹だけキッちゃんの仔猫が育っていた事。
8月の終わりにキッちゃんと一緒にいる所を見つけた。
仔猫は私の顔を見るなり一目散に逃げて行き
隠れてしまって全然出て来なかったが
なんとなくコロコロ太ってきてたようだし随分大きくもなっていた。

他の仔猫達の分まで強く元気に生きて欲しいと
ただただ願うしか出来ない私だった・・・
23:53 | キッちゃん | comments(3) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
23:53 | - | - | -
コメント
あたしねぇ いつも 自分の中に ふたりの自分が 存在しているんだ
なんとかしたい… でも なにも 出来ない…
手間隙を 惜しんだり お金を 惜しんだり
買い食いしたり タバコ吸ったり…
そんな時間や 小銭があれば 救える命だってあるのに
結局は 仕方がないさ… と あれこれ 都合のいい
言い訳を 考え続けているんだよねぇ
だって あたしに 何が 出来る?
全員を 救ってあげることなんか 出来やしないのだからねぇ
もしも その場を 救えても その後の責任を 取れないなら
また 同じようなことが 起きるかもしれない
ならば 運命に まかせ 奇跡を 願うしか ないもん

あたしの母はねぇ 昔 まだ あたしが ガキんちょの頃
仔犬を 自らの手に かけたことが あったんだ
そのときは 意味が わからず 母を 呪ったけど
今は その時の母の愛が わかる
そのことを 気付かせてくれたのは 好きな作家さんのひとりで
彼の著書の中に 答えが 書かれていたんだ
人によっては 誤解を 受けることだし
ちょっと… と 思うことは あるけど
彼はねぇ これまでに 何度も 何度も 悲惨な結末を
目の当たりにしていて ならば いっそのこと 自分が…
と 哀しくも 最大んも愛情を 持って 手をかけてゆくんだ
あたしには そんな勇気もないけど 気持ちは 痛いほど わかる
せめて これ以上 苦しまないように… ってねぇ

くらい話になって ごめんねぇ
でも なつばらさん あたしたちは なにも 出来ないけど
願うことも 祈ることも 時に やきもきすることも
涙を流すことも 出来るんだ
それだけでも いいと思うんだ
いつ 逢えるかしらん?
また どこかで 逢えるかしらん?
そう 思い続けようよ! ねぇ!
2004/09/11 1:50 AM by K◎
katsumaruさんのお母様、偉いですねぇ。
ペットを事情で飼えなくなったり、
不治の病で苦しんでいて安楽死を選択するとしたら
保健所に持っていったり、動物病院に頼んだり、
第三者に処置を依頼するのではなく
飼い主の責任として最期まで自分の手で、そして
その責任と悲しみを背負うべきだと思います。
その行為は立派だと思います。

はちろもにゃあも10才を越えて、時として
体調を崩したりすると色々と脳裏をよぎりますが
その時、自分に出来るかどうかは、
はなはだ疑問ではあります。

ロロを保護したとき、最期を看取るつもりだったんです。
彼の強運で生きながらえて、カミさんにもすこぶる懐いて
今の地位を確保したんですね。他にもっと仲の良いにゃんことか
保護すべきにゃんこはいるんですけど、うちに今居るのは
ロロなんです。

ロロだけ助けた‥。
そう決断したことが神に似た気まぐれな行為に思えて
今でも気持ち悪さを感じるときがあります。
できれば、ロロとは縁があったと思いたいです。
2004/09/12 1:38 AM by いけみ
それだけでもいいんだね。
ありがとう・・・

お母様は、ほんとにすごい方ですよね。
色々といつも聞かせてもらってるけど
katsumaruさんの中にもお母様の大きな愛と偉大さがしっかり生きてるよなぁといつも思うよ。

つい1週間前にもね。
突然一匹のキッちゃん似のオス猫さんがみんなのいる駐車場にいたのね。初めて見るコだったよ。
体調悪そうで足にも傷を負っていて膿んでいたけど、それでもしっかり自分で歩いていたし鳴きながら何かを訴える姿も見られたので急にどうかなるなんてその時は全然思ってなかったの。
でも次の日に行ってみたらもう食べる気力もなく座った場所から一歩も動けない様で、近づくと威嚇してきたよ。
多分動く気力もなくなってとにかく必死で自分の身を守らなきゃと思ったのかもしれないね。
あまりの痛々しさに、奇跡がおきてくれればいいのに・・・と思うしかなかったよ。
その猫さんの前にお供え物の様にゴハンとお水がおいてあって、ゴハンには全然手をつけず、お水が入ったタッパに半分顔をつけてずっとずっと飲んでたの。
(そのゴハンはいつの間にか他のコが食べてたよ。暢気にペロペロお顔を洗ってた)
そしてその晩、その猫さんは天国へといってしまった。
1分、1時間、1日・・・長く苦しい時間だったろうね。
ほんとに・・・奇跡が起きてくれればと思う反面、もう頑張らなくていいからってそっちの思いの方が強くてね。
でも臆病者の私には自分で手をかける勇気なんてないんだよね。
救いだったのは、最期にお水をもらえて猫さんも一瞬でもホッとした瞬間があったんじゃないかなって。
そして後から知ったんだけど、そのお水は仲良しの方が置いてくれたものだったよ。

ちょっとずれるけど
楽に・・・って、人間の世界でも思ってしまうんだ。
今の医療は中途半端?進歩しすぎてるというか
今の時代延命治療が出来てしまうよね。
もうダメだとわかっていながら、苦しめ続けるのはね・・・
もう楽にしてあげてって思ってしまうんだ。
変な話にだけど。ごめんね。

ロロちゃんは・・・
いけみさんとこに来る運命だったんですよね。きっと。
気持ち悪さを感じる事ないと思います。
ほんとにいろんな猫さんに出会って、また通り過ぎて行く日々ですが
やっぱりタイミングや縁というものがあるんですよね。
たくさんのノラさんがいる中で
助けてやれなかった辛さもこうやって誰かの心に残るだけでも少しだけ救われるかなぁ、なんて思います。

katsuamruさん、いけみさん
お話聞いてくれてどうもありがとうございました。
2004/09/12 11:24 PM by n
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://nyankonahibi.jugem.jp/trackback/11
トラックバック