にゃんこな日々

<< 名前はロクちゃん | TOP | お散歩中 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
暗闇で


ココの近所のレンタルビデオ店が100円セール中で
借りていた「ハイド・アンド・シーク」を返しに行った帰り道
夜遅かったのだが先ほどチラリ寄ってみた。

するとなんとなんと!ころすけがいたのよ!
またもやパッタリと顔を出さなくなっていたのだけど
ころすけの事だからまたひょっこり帰ってくるさ〜と思いつつ
あまりに戻って来ないので
最近心配になってたとこだったんだよね。
ほんとはいつも夜だけ顔を出してた、なんて事もアリ?

昨年も、一昨年も
もうずっと寂しい冬が続いていたのだけど
今年の冬は不思議とみんな勢揃いって位戻ってきて
どことなく穏やかな空気が漂っている。
たくましくなったおチビちゃんも時折顔を出してくれるし
最近はめっきり年をとった様に見えるけど
それでも元気そうなタイガーもすぐ隣の第二駐車場に落ち着いている。
大好きなぽんたもたま〜に元気な顔を見せてくれるし
後はころすけだけ顔を見せてくれればなぁ・・・
そんな風に思っていた所だったのよね〜。
お顔も綺麗で健康そうだったよ!
良かった良かった。

※せっかくなので言いますと
「ハイド・アンド・シーク」はなんとも納得いかない作品でした。
あの伏線はなんだったのよ?ってのが多いの。
意味ももたないただのごまかし的なシーンでさ。なんか許せない〜。
有名どころも色々出してるのにもったいなさすぎるよね。
なんかもやもやする作品だったわ。
01:57 | ころすけ*korosuke family | comments(8) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
01:57 | - | - | -
コメント
ころすけちゃんに あえてよかったねぇ!
彼らって 突然 現れたかと思うと
突然 姿見せなくなって 気付かない間に
消えてしまうんだよねぇ…
出掛けるんなら お留守にしますって
伝言残してくれるといいのにねぇ!
2006/01/18 2:42 PM by K◎
ありがと〜!
にゃんことの再会ってほんとに嬉しいよね〜。
さかりシーズンはいなくなっちゃうにゃんこもいるけど
こうやって戻ってきてくれるコもいるよね。

ほんとに他のにゃんこに伝言でもしてくれればねぇ。
息子のチロあたり(笑)
2006/01/18 10:16 PM by n
みんな戻ってきているなんて、よかったですね。
ころすけちゃんの写真も綺麗で飼い猫みたい(^_^)
2006/01/19 3:18 AM by いけみ
やっぱり日中はいないみたい?今の所(苦笑)
でもホッとしてます。

確かにころすけって飼い猫ばりの綺麗さかも。
お母さんのハナちゃんの血が強いのかもしんない。
ころすけの子供のチロもミロちゃんも
子供の時から今まで目やに一つなく元気そうなお顔してるしなぁ。
2006/01/20 12:47 AM by n
ハイドアンドシークは後回しということね。

と、覚えていたつもりが、ハイドアンドシークを
たまたまレンタル屋さんでみつけたら、あ、これ
誰かが何かいってた、みてみよ〜。みたいなこと
になっちゃうんだよね。きっと。

50円レンタルで見た「すべては愛のために」も
なんか肩すかしみたいな感じだったです。
なんつーか、ストーリーがわかりやすいというか
中学生レベルの正義と愛とエッチシーンというか。
ひねりのない堂々としたストーリー展開というか。
字幕スーパーなしでもなんとなく分かってしまう
レベルです。
2006/01/20 4:00 AM by ぐみ
ィエス(笑)
まあ、どちらかと言うと、もやもやさせられたんで
誰か観たら是非とも感想聞かせてってとこです(苦笑)

すべては愛のためにってどんな映画?と思ったら
アンジェリーナ・ジョリーの戦争モノ?なのね。
あんまり知らなかった〜。
なんとなくジャケットみた様なみない様な。
そうか。ハズレなのか(苦笑)
2006/01/20 10:58 PM by n
細かくいえば、戦争ではないです。
内戦などによる避難民の収容所キャンプに
つとめるNGOの医師という設定だけが、
ちょっとひねってるのかもしれません。
医師と金持ちの人妻アンジェリーナが衝撃的
な出会いをして以降はこんなに単純で
いいの、という感じ。
2006/01/21 4:52 PM by ぐみ
あ、戦争モノってわけではなかったのね。
ぐみちゃんの話聞くと
なんとなくしっくりこなさそうな感じだね。
単純でいいの?的な映画もあるけど
そこまで完璧にはありえないでしょう的な映画もあるよね。
「死ぬまでにしたい10のこと」がそんな感覚を覚えた映画だったな。
goのサラ・ポーリーちゃんがすごく良かったし内容も面白かったんだけど
話ができすぎてるよーと思ってしまった。
映画だからと言ってしまえばそれで終わりなんだけどさ。
2006/01/21 11:36 PM by n
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://nyankonahibi.jugem.jp/trackback/100
トラックバック