にゃんこな日々

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
キクちゃんとの別れ
 

痙攣を起こした翌火曜・・・
昼頃見に行くと
いつもと変わらない姿でキクちゃんは過ごしていてくれました。

翌々水曜も
栄養缶を1/4缶ではあったものの食べてくれ
少しだけでも食べる気力がある事にホッとしつつ
その週は雨が続いていたせいで濡れてしまっていた体も拭いてあげて・・・
キクちゃんもずっと頭をすりよせてきてくれたので
沢山沢山撫でてあげました。
それが元気な姿をしたキクちゃんとの最後の時間でした。

木曜午前中にMさんが様子を見に行ってくださった時には
キクちゃんはいたそうなのですが夕方には姿を消していたそうです。
とても暖かい日が続いていた中
その日は夕方になるにつれ、急激に冷え込んでいった一日でした。



そして金曜日の夕方・・・
「キクちゃんが亡くなった」と電話が入ったのです。

真っ青になりながら、とにかく電話をくれたMさんをひろって
キクちゃんの所へ向かうと
FさんやKさんコンビも既にかけつけてくれていました。

実はご近所の方が倒れていたキクちゃんを見て亡くなっていると思い
一度引き取り業者さんに連絡をいれてくれていたそうなのですよね。
でもまだキクちゃんが生きている事に気づいて取り消してくれたとか。
そのまま連れていかれていたら消息不明となってしまったと思うし
取り消してくれてほんとに良かったです。

ただ・・・キクちゃんはもう体をおこす力もなく
倒れたまま足をしきりにばたつかせ
はっきりとした意識もあるのかないのか・・・
覚悟していたものの、いたたまれない姿に涙がとまらなくて・・・
とにかく病院へと頼まれ向かったのですが
車中でもキクちゃんはずっと足を動かし続けていました。

私の中では 病院へ行く イコール 安楽死 で
以前からMさんとは話していたのですが
野良さんとして生きているキクちゃんにとって延命治療など意味がなく
その時が来たら眠らせてもらおうと思っていました。

案の定、病院では、延命治療の話と、
状態からもって半日か1日・・・その間病院で看てもらうか
そして安楽死か・・・

先生に答えを告げ・・・
あっという間のお別れの中で
キクちゃんはそれでも足に力を入れ爪を立て尻尾を膨らませ
最後の最後まで体全体で生きたいと訴えていました・・・
気付くと尻尾もなぜか傷だらけだったんです。
先生は倒れている間にこすれたのではないかと言っていました。
砂利道だったせいなのか・・・
どれだけ倒れていたのか・・・

そんな姿を見ると、判断した事は間違いではないのだと思っているのだけど・・・
どんなにキクちゃん自身が辛かろうとも、
キクちゃん自身の力で最後まで頑張らせてあげなきゃいけなかったんじゃないだろうかと
まだまだ頑張りたかったんだろう、不本意だったろう・・・と
今はただただ、それが後悔となって残っています。

1年前に口内炎がひどかったチロが亡くなり
キクちゃんもその時既にひどい状態だったので
なんとか食べさせないとと目指して通っていたのもあったので
なんだか心にぽっかり穴があいた様です。
キクちゃんとのつきあいも、初めてココを訪れた時から始まっているのですから9年です。
「生きる」という事をあんなに考えさせられる猫さんに会った事がありません。
猫さんと話せる超能力があるなら
キクちゃんには聞きたい事がいっぱいあった。
キクちゃんみたいな猫さんにはもう二度と会えない気がする・・・。
ほんとにすごい猫さんでしたね・・・。

痙攣をおこして復活した後
Fさんご夫婦とMさんと私の間を
交互にずっとずっとすり寄っていた姿が今でも忘れられません。
もう一度復活して、みんなに会いたかったよね。
ほんとごめん・・・キクちゃん。


写真↑はちょうど1ヶ月程前の1/13の雪がつもった日の写真です。
体がぼろぼろでもどんな日でもキクちゃんは頑張っていました。

ここで生まれ育ったキクちゃん
今冬いつも過ごしていた穴蔵の横で眠っています。
その穴蔵には一緒に無理矢理入ってきていたガクちゃんが
今は一匹で過ごしています。

2月12日、キクちゃんとお別れした日です・・・。

看護婦さんが最後に「このコは美人さんだったね」とつぶやいてました。
ぼろぼろだったのに・・・看護婦さんにはわかるんですね。
ほんとに美人さんだったんです。
すごいな・・・と泣きながら思いました。

古株さんはもう、キクちゃんの孫のみっこちゃんだけです。
寂しくなりましたね・・・。

21:44 | キクちゃん*kiku family | comments(2) | trackbacks(0)
きくちゃん、小さくなりました
 

夕方Mさんから電話が・・・
キクちゃんがひきつけをおこして動かなくなったとFさんから連絡があったと言うのですよ・・・

* * *

キクちゃんの体は多分もうぼろぼろなのです。
半年か1年ほど前に後ろ足の付け根辺りに大きなしこりを見つけました。
1-2ヶ月程前には、食事中にお皿が血の海になったという話も耳に入ってきてます。
口内炎を患って軽く4年もたっています。
毎年今年の冬は大丈夫なのだろうかと皆心配しつつも
昔からたくましく凛として強くもあったキクちゃんは
皆の心配を余所に何度も冬を越してきました。


ずっとずっと口内炎だったので
お薬もずっとあげていたのですが
口内炎なので口元付近を触られるのを特に嫌がりますし
缶詰に混ぜても食べたり食べなかったり。
あまり食べなくなったりもしたので
完治する見込みもなく、なんといっても食べる事が第一だと思い
お薬を体に入れるよりも、
キクちゃんが食べたいものを食べたいだけ食べさせてやる方が
ずっと良いだろうとそれ以降は薬をやる事をやめました。

キクちゃんは、どんなに口が痛くても
頑張ってゴハンを食べるコなんです。
見ているこちらが辛くなる位、お口をこすったり
時には前足を添えてゴハンを食べたり・・・
こんな強いコは後にも先にもキクちゃんだけです。



今日、ひきつけをおこした時にFさんがいてくれたお陰で
なんとかキクちゃんは復活してくれました。

私が行った頃には、しっかり歩いていました。
いつも以上に元気に見える位
Fさんご夫婦と、Mさんと私の間を
尻尾を立てて何か言いたげにとことこと動き回っていました。
ゴハンも食べたがらなかったのですが
手からあげると少しだけ食べてくれました。

キクちゃんが後どれだけ頑張れるのか・・・
神様にしかわかりません。
こちらの不安を余所に今年の冬も乗り越えて欲しい・・・
でも時々、痛々しい姿に、なんでそんなに頑張れるのか
どれだけきつい思いをしているのかと
とても複雑な思いがめぐってしまうのです。

でもでも、キクちゃんが生きたいと頑張る以上
私達もしっかりキクちゃんの事を見守っていかなければと・・・
思っています。

23:18 | キクちゃん*kiku family | comments(3) | trackbacks(0)
アゴ外れないかえ?


キクちゃん大あくび〜(笑)
01:44 | キクちゃん*kiku family | comments(2) | trackbacks(0)
キクちゃん仔猫


先々週の週末かな。
キクちゃんの子供が産まれたのを知ったのは。
仔猫の叫び声が聞こえて、え!?と思った時には
カラスが仔猫を連れ去っていく所でどうにも出来なかった。
ごめんね・・・

そして見に行ってみると仔猫が一匹だけもぞもぞしていた。
まだ目も開いていなかった。
キクちゃんママは、きゃおにしつこくつきまとわれて逃げ回っている最中。
仔猫は原っぱの真ん中にポツンと一匹でいたので
こりゃヤバイと茂みの中に避難させた。



とりあえずその後キクちゃんはあまり姿を見せないので
(近くにはいる様で少しいると出てくる)
仔猫は無事なんだろうと思う。
なんとかこれからも無事にみんなの分まで成長出来るといいのだけどね。
ほんと、危険だらけよね。
00:25 | キクちゃん*kiku family | comments(3) | trackbacks(0)
名前はロクちゃん


またお腹の大きくなってるキクちゃんです。
相変わらずお口の中の調子もあまり良くないみたいで。
それでもゴハンはしっかり食べてます。
自分の為にもお腹の子の為にも
しっかりものの母さんは負けません。



ちびっこのロクちゃんは←名前つけました(o^-^o)
いまだお母さんにベッタリ。
もう相当大きいのですけどね。
みんながゴハン食べてても人間の近くには行けないと
遠く離れた所で黙って見てます。
そろそろ独り立ちしなきゃなんないのに困ったちゃんです。
いまだお母ちゃんとくっついて寝てます。
寒い冬だからキクちゃんも仔猫たんぽがなかなか手放せないのかも(笑)
このロクちゃんはミクちゃんとも仲良しみたい。
この間鼻ちょんしてた。
02:14 | キクちゃん*kiku family | comments(4) | trackbacks(0)
電池切れの原因フォト


だって仔猫が出てきてたんだもん。



ついついガシガシ撮っちゃうよねぇ(苦笑)
01:43 | キクちゃん*kiku family | comments(2) | trackbacks(0)
1ヶ月前の仔猫


9月の終わり頃の写真かな。
ひょこっと顔を出してたのであわてて撮った一枚です。
おもいっっっきりトリミングしてます。
なので元写真は超豆豆にゃんこなのでした(苦笑)
23:09 | キクちゃん*kiku family | comments(4) | trackbacks(0)
キクちゃん仔猫


何代目なんでしょうね。
見ない間に随分大きくなっておりました。
ずっと隠して見せてくれなかったのだけど
帰ろうと車に乗ったら
遠巻きにキクちゃんの姿が見え
なんか形が変?と思ってよくよく見てみると
仔猫がお乳を飲んでる真っ最中でした。
近付くと案の定仔猫は隠れてしまいましたけどね。

1匹だけで冬毛のせいか少し毛長っぽく見えました。
キクちゃんの仔猫ならそうそう捕まる事はないので
猫さらいおばさんの毒牙にもかかりにくいかも。
頑張って冬を乗り切って成長してね〜
00:21 | キクちゃん*kiku family | comments(2) | trackbacks(0)
穴場?


キク母ちゃんとミクちゃん、よくここの奥で二匹丸まってました。
風も多少しのげるし、たまった枯れ葉がいい具合にクッションになっていて
なかなかの住処だったよう。

今はミクちゃん一匹だけで過ごす様になったようです↓
00:37 | キクちゃん*kiku family | comments(1) | trackbacks(0)
幸せの瞬間


そろりそろりじわじわと近づいて撮りました(笑)
ズームがないとこんな写真撮れません。



もう一匹いたミケ色の仔猫は過敏に反応して逃げちゃったのでした。
邪魔しちゃう私。いけませんね(苦笑)
23:51 | キクちゃん*kiku family | comments(2) | trackbacks(0)